どうにもならない対立を解消する⑤

ちゃんと考える

いよいよ対立を解消する解決策を考えていきます!

解決策の考え方は大きく2つあります。今回は、ひとつめの方法「要望を両立する方法を直感的に考える」について書きます。

クラウドの五角形の真ん中のところ。「要望」のところに注目して下さい。「部下が合理的に仕事を進める」ことと「部下がひとりでちゃんと考えて意思決定する」ことが両立できる方法を考え出します。

このとき、「合理的」というのは「スピーディに」というニュアンスで言葉を使っていることに気づきました。なので少し表現を書き換えます。気づいたときにはどんどん書き直していいんです。

さて、「スピーディに仕事を進める」ことと「ひとりで意思決定すること」は対立してないですね。そう、ひとりでスピーディに意思決定できれば、その後の行動もスピーディになるはず。

というわけで、僕が部下に対して教えてないといけないのは、こまかい「仕事の進め方」ではなく、「意思決定のやり方」つまり「論理的に考える方法」なのだ、ということに気づきました。これが「ひとり」で「スピーディに」できるようになれば、僕も部下もハッピーな会社生活を送れる、というわけです。

つまりは、自分がブログで書いている内容を、部下にも教えてればいいのです。今度のワークショップに誘ってみよう。

こんなわけで、「要望を両立する方法を直感的に考える」ことで、対立を解消する方法がスルッと頭の中から浮かんでくるかもしれません。みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

次回は、それでもなかなか解決策が出ない時の対処方法について書きます。